お家の健康診断
家の傷み
建物は雨や風、直射日光による紫外線などの様々な要因により傷んでいきます。立地条件や塗料の性能によって差が出ますが、7~8年に一度はきちんと点検することにより家が長持ちします。
私達も病気の予兆として、変化に気が付いたり、気になったりしてお医者さんへ診察してもらうことがあると思います。身体と同様に家も傷みのサインを出しています。家の傷みが進行すると、修繕工事にかかる時間と費用がかかってしまう、大事な住宅の資産価値まで落としてしまう事になりかねません。 そうなる前に一度「大事なお家のこと」を、私達カレントにご相談ください。
家,健康診断
修繕,修理,予防接種
外壁,屋根,劣化,症状
外壁の粉,ひび
サイディング目地の劣化
モルタル
モルタルの壁は年月が経つと、粉が付くことがあります。水をはじく機能が弱り、雨水を吸ってしまいます。また、表面にひび割れを起こしやすくなります。ひびの部分から雨水が入り、黒カビの発生や、建物の基材を傷める原因につながります。
進行してしまうと、雨漏り・雨染みという形で表面化します。
サイディング
サイディングの外壁は、ボード同士をつなぐ目地が重要です。 目地への雨水の浸入防止の役割をしているのがシーリング材となります。 長年の雨風や紫外線による要因から、どうしても「ひび割れ」や「硬化」といった症状が現れます。そのままにしておくと雨漏れの原因となり、家の中にも影響を及ぼします。
屋根,こけ,苔,藻
木部,鉄部,錆,さび
屋根
屋根の傷みの特徴としてよく見受けられるのが、色あせ、コケ・カビ、反りがあります。色あせは表面の塗膜がはがれて、防水能力が低下している状態です。コケ・カビは塗膜の寿命を縮め、根を張っていきますので基材に水を含ませていきます。反りがひどい場合、交換になってしまいます。屋根に登るのは大変なので、雨漏りを予防するためにも、健康診断をおすすめします。
木部・鉄部
変色・錆・腐食等の症状が出てきます。腐食が進むと交換が必要となり、大工工事をしなければいけない場合があります。
工事の規模や金額が大掛かりにならないように、塗装をして基材を保護してあげることが長持ちさせる秘訣になります。
健康診断の流れ
外壁塗装工事キャンペーン REFORM STYLE お家の健康診断 スタッフブログ